先輩社員の声

建築部長 橋本 二郎(はしもと じろう)54歳

hashimoto【一人ひとりの前向きな成長こそ、未来を切り拓く力になる】
もちろん、どんな仕事にも、どんな人にも、調子の良いとき悪いときがあります。

そんな山あり谷ありの社会の中で、前向きに成長し続けためには「この仕事が好き」と
いう熱い気持ちは欠かすことができません。

「ものづくりが好き」「街づくりがしたい」など確固たるモチベーションがあれば、どんな壁も必ず乗り越えることができるでしょう。

幸い当社の業務は、経験が着実にスキルとして身に着き、頑張り次第でその道を究められるものです。

手掛けた仕事がカタチとして残せるからこその、喜びと感動もあります。夢ややりがいを求め、向上心をもって前向きに取り組める方であれば、のびのびと、どこまでも挑戦し続けることのできるステージになることでしょう。

建築部 竹川 達郎(たけがわ たつろう)27歳

takegawa入社5年目、民間から官庁工事、県外への出張と様々な経験をさせてもらいました。

どの現場でも、楽しかった事・辛かった事・嬉しかった事・悔しかった事、いろいろありましたが、今になってはいい思い出として心に残っています。

失敗した事は、次に活かせばいいし、分からない事は誰にでも有ると思うので、積極的に調べたり、教えてもらったりして、何でも前向きに考えて行く事が大事だと思います。

現在、私がいつも心掛けている事は、朝の挨拶をみんなでする事です。

仕事の事前の準備として、作業の流れを覚える・段取りを考える・打合せをするなどがあります。

挨拶をすることで、気持ちよく一日を過ごすことが出来れば、仕事の流れもスムーズになると思います。

私自身まだまだ、勉強不足だと感じます。今後は、積極的に取組み『早くて正確な施工図の作成・いい職場の段取り・信頼される現場所長』を目指して日々努力していきたいです。

第一営業部長 原田 直幸(はらだ なおゆき)42歳

harada私は、入社から現在に至るまで民間企業営業を担当させていただいております。当社の営業部の仕事としては、大きく分けて「官公庁」様と「民間企業」様への営業活動が主な仕事です。

「民間企業」様への営業は、計画段階での用地の提案・計画建物の提案・お見積りの提出・施主様予算との調整・工事契約等が主になってきますが、竣工後も引続き建物を使っていただく過程で発生する「メンテナンスの窓口」も重要な営業部の業務の一つです。

施主様にとって建築建物というものには、莫大な費用を投資して行うため、それに比例した「思い入れ」があります。
そういう思いがある以上、私たち重藤組もその思いを真摯に受け止め、対応させていただいております。

また、自分が営業を担当させていただいた物件を施主様に使っていただき、何年か後に、また改修工事の指名を頂いた時など…やりがいを感じる事が多い部署です。

これから重藤組に入社される若い方と、仕事を通じ喜びや苦しみを分かち合える仲間になれればと期待しております。