若手社員紹介

平井翔人 建築部
竹川達郎 建築部
島ノ江将貴 営業部
高原由衣 建築部
地元で働きたい。その気持ちを前向きに受けとめてくれる。
平井翔人画像1
平井翔人画像2
平井翔人画像3

平井翔人(2010年入社)建築部

「若くても現場主任に」という
フレーズにグッときた。

地元で就職したい。それが就職活動の際の第一の希望でした。だから地元企業を中心に会社を探していたんです。中でも重藤組は「勢いのある会社」という印象がありました。特に入社案内に記載されていた「若くても現場主任になれる」という言葉が目に留まって、せっかく働くなら頑張り甲斐のある会社がいいと、重藤組への入社を決めました。

経験こそ成長のチャンス。
失敗を恐れずに進みたい。

実は入社二年目に、本当に現場主任を経験させてもらいました。中学校の体育館の改修工事で、現場では所長に次ぐ二番目のポジションです。でも、市の仕事は初めてで何もわからない状態。上司である所長に一つひとつ教わりながら進めていきました。とても頼りない主任だったんですが、この経験のおかげで、市の仕事の特徴や進め方を知ることができ、仕事の幅が大いに広がりました。一つの学びが次の仕事に必ず役立つのがこの仕事の面白さ。だから、貪欲に学び、失敗を恐れずに挑戦することが、自分を成長させる大きな足掛かりとなるんです。

ランドマークとなる大型物件が自信に。

最近では総工費17億円の物件に関わりました。大手ゼネコンとのジョイントベンチャーで、これまで自分が手掛けたものとはスケールが異なる大事業です。使われる重機も初めて目にする大きさで、搬入経路をどう確保すればいいのかもわかりませんでした。経験豊富な大手ゼネコンの技術者たちと入念に打ち合わせをして進めていったんですが、皆さん惜しげなく自分の知識・経験を教えてくださり、本当に勉強になりました。また一つ新しい経験を積めたことで、自信もついてきたように感じています。

工事部副部長 山崎雅章

Senior message

工事部副部長 山崎雅章

平井くんは一見クールですが、内には非常に熱いものを秘めている人物です。若いながらも、協力業者さんにシビアな要求をするんですが、それでも嫌われないのは、彼が常に真剣に仕事に臨んでいることが伝わるからです。次は所長として予算をもって現場に出られる人になってほしいですね。その実力は備えているので、すぐに実現するはずです。

若手社員一覧に戻る